深爪跡地

深爪! 深爪!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

晴れの日もレインボー

2日サボった分、今日は2つ書こうと思います。
3つも書く気力はありませんw

昨日の女子スノーボードクロステラワロスw
藤森の準々決勝は2位と3位が見事にコケて、たなぼた状態の準決勝進出。
決勝でもブッチギリ1位のジャコベリスが最後のジャンプでコケて金を逃す。
何 こ の 競 技 w
ジャコベリスは目立ちたがったのが大失敗でしたね。オモロいw

さて、レインボー7ですが、ようやくちゃんと聴けました。
時間は腐るほどあるのですが、如何せん使い方がド下手なもので(´・ω・`)
何か音楽だけに耳を傾ける時間が勿体無いと言うか何と言うか。
かと言って「ながら鑑賞」はあまり良くないですし。
となると「夜中に聴きゃええやん」となってしまう訳です。こんな大人にはならないようにしましょう。
つか早起きすりゃ済む話なんですよね、要は。馬鹿の極みです。
まぁともかく全部聴きましたので、アルバム曲のみ私的レビューを。


1.HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~
「マイクチェック マイクチェック 1・2 1・2」のラップは「カッチョイイゼ!カッチョイイゼ!」ですね。故に「カッチョイイゼ!JAPAN」なんですよ(シラネ
気になるのはその後。「YO! エブリバディ 東急ハンズ!」思い込んだらもうコレにしか聴こえませんねw
ま、これからの日本人は最高茶葉でお茶を飲みましょう。言いたいのはそれだけ。

3.青空がいつまでも続くような未来であれ!
一言で感想を言うならば「さわやか3組」ですn(ry
いわゆる全盛期にあったような爽やかさがあります。同じく未来をテーマにしている「HEY! 未来」や「HELP!」よりも楽曲のレベルは数段上だと思います。
それに編曲がぷよぷよのBGMっぽいところもポイント。無性にぷよぷよが恋しくなる楽曲。

5.INDIGO BLUE LOVE
失恋曲。よって必然的にバラード。
サビの「SAYONARA」の部分が切なく感じさせられます。♭を多用してますし。
明るい曲好きを自認する私ですが、この曲は結構好きだったりします。

6.レインボーピンク
「INDIGO~」からこの曲ってどうなのよ?というのが正直な感想。
まぁ流れとしては「前曲の失恋のせいでネジが外れてしまった」という(ry
ラジオ音源以上に良かったです。「I’m jast fall in love」の部分に入る微妙なハモリが効いてます。
カラオケで歌う時は「キテレツ大百科」のコロ助のモノマネの要領で歌って下さい。きっと好結果が期待できると思います。
その時の周りの人は「こっはっピンク!」コールをお忘れなく(ry

8.無色透明なままで
レインボーピンク→色じれというありえれいなな組み合わせに笑わせて貰った後の楽曲。
何かhiroさんが歌っても違和感の無い感じですよね。何となくですが。
まぁhiroさん言うても安田大サーカスのHiroさんじゃないので。エイベのhiroさんね。

9.パープルウインド
割と今までの娘。には無い斬新な曲ですよね。
まぁイントロの編曲が「印象派 ルノアールのように」に似てない事もないかなぁ。
サビが普通にカッコいいです。オススメの楽曲です。
ぱーぷうぃんどー♪

10.さよなら SEE YOU AGAIN アディオス BYE BYEチャチャチャ!
ネタ曲キタコレw
何処か昭和の香りが漂います。いわば「懐メロ」チック。
でも歌詞が完全なネタ。タイトルを見ての通り「別れ」がテーマの楽曲なのですが、明るさがあります。
全員にセリフがあるのですが、セリフの演出は「元気印の大盛りソング」と似てる様な似てない様な。
千奈美に吉澤さんのセリフには笑わせて頂きました。何か「張り切り過ぎた宝塚男役スター」みたいで(ry

11.直感2 ~逃した魚は大きいぞ!~(全くその通リミックス)
いわゆる「直感3」。リミックスという名の付く物には今まで期待してなかったんですが。。。
前 言 撤 回 。 い や 、 普 通 に 良 い よ 。
特にサビの部分。見事にマッチしてて感動で鳥肌が立ちました。どんどん聴き入る度にここの部分には感動させられます。凄い。江上浩太郎さん推せます。
尚且つ面白い。コンセプトは「祭り」なんでしょうが、まさにそういう感じですよね。
これを聴いてから直感2に逆戻りすると、物足りなさを感じます。少なくとも私はこれを聴いてから直感2には戻れませんね。

12.女子かしまし物語3
2よりも凝ってます。所々でつんく♂さんの遊び心が垣間見えますね。
「おがわまこ、おがわま、おがおがおが(ry」の部分はてっきりプレイヤーが壊れたのかと^^;
あとガキさんの「新潟産のおいしいお米」「なんでだよ ちげーよ」の流れはテンポが良かったですね。改めてテンポはツッコミの命と実感。
段々とガキさんがツッコミの代表格への階段を登っていってますね。
更に聴き逃せないのが紺野さんのところで何気に参加しているつぶやきシローさん。
あのつぶやき漫談は好きなので、これを機に再び表舞台に出てくれたらいいなぁと思います^^

総評
そんな訳で非常にファン視点に偏ってはいると思いますが、今回のアルバム推せます
ファンの方は勿論、そうでない方にも聴いて頂きたいアルバムです。
たぶん1度聴くだけでは良さが分からないところもあるでしょう。ですが、何回か聴いていく内に自然とのめり込んで行くはずです。
つんく♂さんの才能はまだまだ衰えていない。それを再認識させられた今回のアルバム「レインボー7」。
興味の湧いた方は、今すぐ野口を4枚握り締めてCDショップへGO!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。